肩甲骨内縁部痛

投稿日: カテゴリー: 治療症例など

おはようございます。

.

今朝は穏やかな好天となっております。

気温も30℃までは上がらない予報ですので一息付けそうでしょうか。

.

.

昨日はご紹介で新患さんがご来院下さいました。

.

慢性的な肩背部の凝りがありここ数日は特に背筋を伸ばしていると肩甲骨内縁部に強い疼痛が出現するようです。

それと左膝から大腿内側部に運動後の数日間、硬さが気になるとの事です。

.

頚肩周りを触診しますとさほど緊張はありませんが頸椎際に緊張が強い所があります。

.

先ずは左手指のツボにて頸椎の緊張を改善してみます→緊張していた部位の緊張軽減が確認できました。

続いて肩甲骨の動き改善のツボに刺鍼→左側の症状の軽減は感じられたが右側はまだ気になる状態。

.

右側も肩甲骨の動き改善の為、腰のツボに刺鍼→上半身全体の動きの改善がみられ疼痛もほぼ解消。

.

次はゴルフをした後の数日間は昔ケガをした影響で左膝と大腿内側下部が硬くなるという事で

背部のツボに刺鍼→嘘の様に硬さの改善を感じていただいた。

合わせて大腿部後面のツボにも刺鍼。

.

最後に午後からの眠気もあるようで如何にかならないかという事で手とこめかみ部に刺鍼。

治療はここで終了と致しました。

.

.

背中の疼痛は頚肩の凝りによるものというより、背骨の動きを制限された事が原因かと思われ動きが良くなった事で疼痛も軽減したと推察される。

左膝も同様に背骨の動きが関係しているのではと考えられる。

.

今後も疼痛や動きの悪さを感じましたら再度ご来院下さい。

ご来院有り難うございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。